RiFUKURUがめぐる 日本のモノづくり

残すべき日本の生産地をRiFUKURUスタッフがご紹介します。

生産者の想いをフクに変えるRiFUKURUの新製品
西陣織の貴重な反物を使用して、テーブルクロスが完成しました。 華やぎがる反物はテーブルはもちろん、インテリアとして華やぎを生み出してくれます。
RiFUKURU新商品がカタログに初掲載
ニッセンカタログ新春号に日本製RiFUKURUの新商品裏毛切り替えアイテムが2品番掲載されました。 裏毛生地を使いながら、大人きれいめな印象も出せる和歌山県産グレンチェック生地の切り替えが特徴的なデザインです。
11月28日1000マーケットは京漆器をご紹介
11月下旬から見頃を迎える京都の紅葉を見にお出かけの方も多いのではないでしょうか。紅葉の見ごろ28日(火)はRiFUKURUが毎月出店している1000マーケットの開催日。ぜひ、京都にお越しの際は、清水寺へお立ち寄りくださいね。今月は京漆器塗…
日本のモノづくり 「泉州織×京都プリント」
生産者の想いが詰まった、「捨てたくないもの」に新たな価値を皆さま、こんにちわ♪今回ご紹介させて頂く商品は、そんな想いのあるものに、新たなる商品としての価値を与える、環境と人にやさしい商品となっております。生地へのこだわり生地へのこだわりとし…
日本のモノづくり 「岡山県児島市241co. 倉敷で生まれた帆布」
岡山県といえば、デニムが有名ですが、実は、デニムの織技術を使った帆布の一大産地でもあります。倉敷で生まれた帆布は日本の帆布の代表格ではないでしょうか。帆布とは、”キャンバス”とも呼ばれる素材で、「糸を撚(よ)り合わせて平織した生地」のことを…
日本のモノづくり 「大阪府泉佐野市 神藤タオル株式会社 泉州タオルの技法を継承」
創業100年の技術力と泉州タオルの「後ざらし」日本のタオル名産地と言えば、思い浮かぶのがこの二地域ではないでしょうか。・愛媛県 今治タオル・大阪府 泉州タオルこの二地域の大きい違いは織物や糸から不純物を除く“さらし”の作業を織り上げる前後の…
日本のモノづくり 「京都市手捺染を伝える馬場染工場」~ワークショップ体験~
今回はRiFUKURUのブランドコンセプトに共感し、インターシップとしてRiFUKURUに参加してくれている高校生と一緒に京都の馬場染工場様へワークショップの体験へ行きました。フランス語が母国語で、英語が得意な彼女に体験についてコラム化をし…
日本のモノづくり 「岡山県井原市クロキ株式会社 日本のデニムの歴史をつくりつづける」
世界に良質なデニムをお届けするクロキ株式会社「水の美しい井原で、地球の未来を見据え、良質なデニムを創り続ける」
日本のモノづくり 「京都市伏見区 伏見織物加工株式会社 こだわりプリント企画」
今回の日本のモノづくりをご紹介するコラムは、番外編としてアパレルの生産過程の問題に取り組んでいる京都の大学生の方に担当いただきます。訪れたのは京都市伏見区にある丸編みニット生地への染色やプリントを行う伏見織物加工株式会社。社長の森田様から直…
日本のモノづくり 「滋賀県高島 株式会社杉岡織布 水のめぐみが生み出すこだわり素材」
滋賀県で最大の面積規模を持つ高島市は琵琶湖西岸の地域から、福井県若狭地方との県境まで広がります。市内にはマキノ高原のメタセコイア並木、「日本のさくら名所100選」にも選ばれている海津大崎など風光明媚な景観が広がります。今回はこの地で創業65…
タイトルとURLをコピーしました